2022年5月18日 (水)

壁の作成その五(完成)

 購入した下地の板の加工を工務店さんにお預けしてお願い
していたのですが、ようやく昨日加工された板が戻ってきました。

Img_4239

 底面になる部分の45度カットがミソです↓

Img_4240

 露出する部分を黒ペンキで塗装して↓

Img_4241

 一晩乾かし、今日に至りました。

 

 ようやくすべての材料・条件がそろいました。
 ここからは早いですよ。

 

 はい、下地取り付けます↓

Img_4245

 はい、ボルダリング壁貼り付けます↓

Img_4247

 

 よし、完成。

ビフォー・アフターわかるかな。

20220309_02_20220518180601 Img_4247

 

 構想から4か月くらいかかりました。

 DIYと表現しましたが、結局いろいろな人の協力が必要でした。

 

 

 特にエミ先生、この部屋に関してはどういじくりまわしても
文句を言いません。別室で材料となる木材や機材を散らかしても
何も言いません。
 このはた迷惑な趣味に理解があるというのは心底ありがたいです。

 

 壁、完成したのでまた通常運転のうちの子たちの日常がメインの
ブログになります。

Img_4228

 これからもよろしくお願いいたします。

2022年5月 1日 (日)

壁の作成その四

 壁の増設、あきらめるわけにはいかないので工務店さんに
正確な下地の位置を確認しました。

 

↓この白い壁の部分に・・・・

Img_e4204

 当初聞いていた感じでは
↓こんな感じの梁・柱が下地になっていると聞いていました。

Photo_20220501185001

 ところが、ちゃんと調べてみてもらったところ
↓こんな感じだということ

Photo_20220501185101

 つまり、ぶっとい梁が一本上のほうにあるだけで、
下の方はネジが打てない、ということ。

 

 当初の計画通り取り付けるのは無理ですが、
梁がだいぶ太く頑丈そうなので、これに下地として
18mm厚程度の板を白い壁面全体に覆うように取り付ければ
何とかなりそうです。
 工務店さんにも強度はお墨付きをもらいました。

 一番底になる部分を45度斜めに切るのはホームセンター
のサービスでも私個人でも難しいので、工務店さんに
お願いできるか聞いてみたところ、快く引き受けてくださる
とのこと。

 

 よし、何とかなりそうです。
 早速ホームセンターに1820x600x18mmの板、
買いに行きます。

 

 とりあえずよかった。

2022年4月27日 (水)

壁の作成その三

 昨日、ようやく工務店さんが、ライトの位置を変えにきてくれました。

ビフォー↓

20220309_02_20220427152701

アフター↓

Img_4200

 やっと、増設の壁を取り付けるスペースが出来ました。

 あとは正確な梁と柱の位置を教えてもらったら取付です。
・・・と思っていたのですが・・・。

 

 

 実は今日連絡がきたのですが、数か月前に
ざっくり教えてもらっていたのと、柱の数・位置
梁の太さ・位置、どれもだいぶ違ってました。

 「大体ここ」とテープで示してくれていた柱の
数・位置も違っていたのです。

 それを目安にねじを打つ位置・数を設定していたので、
だいぶお話が変わってきます。特に梁の大きさ・位置が
最初のお話と違うのは致命的です。
 場合によっては固定強度が保てません。

 

 板・枕木張り切って用意したんだけどなあ。

Img_4192

↑無駄になるかもしれない。

ただ照明の位置がかわっただけになるのか?

 

面白くないのでジュン・ヨジとふて寝します。

Img_4050

 

2022年4月10日 (日)

壁の作成その二

 前回、その一にてボルトの留め金「ワッシャー」のための
穴の大きさを間違えたというところからの続き。

Img_4156_20220410170201

 11.5mmのドリルが届いたので、さっそく開けなおしてみました

 ↓

Img_4161

 うん、微妙に大きい。あたりまえだけど。
 で、ワッシャーにちゃんと合うか取り付けてみた。

 ↓

Img_4162

 合うね。
 それじゃあ今度は、前回大きさを間違って開けた
10mmのドリル穴をふさいでみる。

 Img_4170

 うまいこといった。
 なら、板全体的に適当にワッシャーの穴開けてみよう。

 ↓

Img_4171

 で、表面を「つや消しクロ」ペンキで着色。

 ↓

Img_4173

 裏返して、穴すべてにワッシャーを取り付けた。

 ↓

Img_4178

 ボルダリング壁の表面板完成!

 

 枕木も用意できてる。
 あとは工務店さんにライトの位置を上にずらしてもらったら
取り付け作業にかかれるんだけど、お願いして2週経つけど
連絡がない。

 明日当たり、もう一度連絡してみようか。

 はやく壁、完成させたいなぁ。

2022年4月 2日 (土)

壁の作成その一

 ボルダリング部屋の壁を拡張すると決めてから、材料として
手に入れづらいと考えていた三角柱の角材が楽天であっさりと
買うことができ、無事手元に届きました。

Img_4150_20220402130301

 ついにDIYがスタートを切るわけですが、初めに
宣言しておかなくてはならないのはまずほぼ初めてのDIY
だということ。

 まったく知識はなく、行き当たりばったりで進めていきます。

 ちゃんと今日の最期も問題が生じています。

 

 

 まず、届いたのは40×40×√40mm断面、長さ900mmの
角柱が2本。
 予定した壁の横幅が1800mmほどだったので、理想的でした。

 

 とりあえず、表面に「つや消しクロ」のペンキで着色しました。

Img_4153

 一晩乾かしました。

 

 部屋の壁およびボルダリング壁に取り付けるための下穴をあけ、
2本縦に並べ、25×30mmの垂木に固定しました。

Img_4154

 ひとまず、壁に取り付ける底辺部分が完成です。

 

 次にボルダリング壁の素材。

Img_4155

 18×1820×60mmの集成材です。

 こいつにボルト止めのホールドのための穴をあけ、
幅を1800に調整し、表面に黒ペンキを塗ることになります。

 

 

 まずはボルト穴・・・で、失敗。計算ミス?というか勘違い。

 10mmのドリルで穴をあけたのですが、考えてみたら
M10のボルトを止めるための器具をつける穴なので、
もうちょっと大きくないと入らないのね。

Img_4156

 11.5mmのドリルをAmazonで購入して、届くのを待ちます。

 

 もうやる気がなくなったので今日はここまでです。

2022年3月31日 (木)

壁拡張計画

 ボルダリング部屋も、工務店さんやナカガイクライミングジムさんの
おかげで、壁の拡張が繰り返されてきました。

 もう、これ以上拡張できないだろうというところまでやってもらった
つもりだったのですが、先日ふいに考えてしまいました。

 「傾斜壁面、もうちょっと高さがあったらなあ。」

 

 

 はい、おっさんのわがまま、ないものねだりです。

 で、もう一度よく壁を見てみました。

20220309_02_20220331122501 

うーん、やっぱりここ↓

Img_4108

何とかなりそうよね。

 

必要な情報を挙げてみました。

①照明の位置変えれるかどうか。

②ボルダリング壁の裏の支柱をつけるため壁(ロフトの床)
の梁および柱の位置。

③前傾壁から上に行くにつれ垂壁になるようにしたいので、
その間になる部分に三角柱の垂木が必要。用意できるか。

 

 

結果↓

①工務店さんが「できる」とのこと。

②工務店さんが「梁・柱の位置の図わたす」とのこと

で、③

角材を対角に長軸に切る、というのは結構難しい作業みたい。
ホームセンターのサービスでも無理ということだし、
DIYでやるにも丸鋸やテーブルソーなんかでもなかなか難度が高い様子。

あきらめるか、と思ったら楽天で三角柱に切ったものが売ってた。
Hinoki_kousakuzaisan

何とかなるなあ。

 

ほな、やるか。となりました。

2022年3月30日 (水)

久し振りのドッグランとDIY

 今日は久しぶりにじゅん・陽慈朗と一緒に
お出かけしました。

 

 実に3年ぶりの滋賀県梅之郷のドッグランです。

 

 去年の11月に行ってみたものの
「オフィス用品の故障によりドッグランを休業します」

という謎の張り紙が貼ってあり、すごすごと帰ってきたという
失敗から、事前に連絡して営業していることを確認したうえで
向かいました。

 

 陽慈朗などはドライブが苦手で車に乗るのも嫌がるのですが、
着いてからはとてもうれしそうでした。

P10103032

 もちろんじゅんも優雅に楽しんでいました。

P10103062

 2人が満足そうにしているのとエミ先生が楽しそうなので、
私も幸せです。

P10103202

 

 スムーズに帰ってこれたので、コーナンで家の
ボルダリング部屋の壁改造(拡張)の材料を買ってきました。

 部屋の改造は今まで業者さんにお任せしていましたが、
とうとうDIYです。

 順次、過程をアップしていこうと思いますが、
興味のない方は面白くないでしょうね。


 まあ、うまく作れるかどうか、見守ってやってください。

2022年3月13日 (日)

新しいルートセット 

先日、朝起きた時のエミ先生と2人組のご様子から。

Siawase_1

 ちょっと、嫉妬しました。

 

で、3月9日に壁の張替えをしてもらいました。

 

20220309_1

20220309_02

数日登ってみてますが、やっぱり過去最高に意地悪な
セッティングです。

おそらく半年もつでしょう。

 

20200309_3

↑ 真ん中の黒い半月状のホールド。
実は、先月の私の誕生日にスタッフがプレゼントしてくれました。

4級課題のゴールになってます。

最大1級までセッティングしてもらってる中での4級ゴールですが
前傾のゴールとしては滑りやすくいやらしい(誉め言葉)
なかなか気の抜けないラストのアクセントとして
存在感のあるホールドです。
クリアするたび、ちょっと泣きそうになります。

「このホールドいいところにつけてね」という
注文を、ルートセッターさんがしっかりと
対応してくださった結果です。

 

なんか、いろいろありがとうございます です。

2022年2月 2日 (水)

いいお天気の墓参り

今日は月一の墓参り、宝塚霊園に行ってきました。

Img_4072

Img_4075

ここのところ行くたびにあまり天気が良くなくて、
今日は久しぶりの晴れた中での墓参りとなりました。

Img_4078

霊園の猫さんたちも寒い中、風の当たらないところで
日向ぼっこをしていました。

 

 

さて、ぼちぼち新しく壁の張替えを予定中。
ルートセッターさんに連絡して2月~3月中には
お願いしたいと思います。

P1010296_20220202151601 

2021年11月10日 (水)

じゅんヨジとの2年ぶりのお出かけ。

 緊急事態宣言もおわり、ものすごく久しぶりに
じゅんと陽慈朗と私とエミ先生とで黒滝村のパーキングに
行ってきました。

 

 実に2年ぶりのドライブです。陽慈朗は前回はまだ
成長期だったと思います。その時にはトンネルをくぐるときに
悲鳴を上げながら運転席に乗り出してくるので、
非常に危険でした。

 そこで、それをガードするための器具を買ったところで
コロナ過に入りずっと器具は眠っていたのです。


 昨日取り付けました。

Img_3937

 2種類の器具を重ね付けし、「ヨジガード」と名付けました。

 

 

 ところが陽慈朗、車に乗せてすぐは震えていましたが
意外にすぐに落ち着きました。

 1つ目のトンネルに入ったときにいくらか怖がりましたが、
何度かトンネルをくぐるうちにそれも慣れてしまいました。

 どうやら陽慈朗も成長していたようです。
 それでもヨジガードははずせません。
 高速道路のトンネルで運転中に踊りかかられたら死ぬので。

 

 

 黒滝村パーキングに着き、車から降りてからも5分くらいは
陽慈朗はおびえてソワソワしていましたが、じゅんに
誘われて、徐々に楽しそうになっていきました。

Img_3936

Img_3915

Img_3932

 結構走り回れて満足できたようです。
 その間、私も走り回ることになるので同様に疲れるのですが。

 

 

 実は今日は予行練習。本番は来週、志賀・竜王のドッグランに
行ってみる予定です。

 ノーリードで走り回らせたいです。

«うち史上最高の壁